The Works of Matsuhisa Sohrin
松久宗琳佛所のしごと

Production
仏像制作

松久宗琳佛所では、寺院から個人の方まで、
あらゆる仏像制作をお受けしています。

松久宗琳佛所では、寺院の堂内に安置する大きな仏像制作から、
個人の方がお手元において手を合わせる念持仏に至るまで、
あらゆるご相談をお受けしております。
規模の大小にかかわらず、祈る気持ちに変わりはありません。
どんな小さいことでも遠慮なくお声がけください。

仏像制作

お話をお聞かせください

お客さま、お施主さまのお気持ちに耳を傾け、じっくりお話し合いを重ねます。 その中から豊富な経験と実績に基づいて、ご意見・ご要望を最大限に汲みとった企画・提案をいたします。

例えば・・・

  • どんな仏像をイメージしていますか?
  • どのくらいのサイズにしましょうか?
  • いつごろのお納めがご希望ですか?
  • 安置する場所は決まっていますか?
  • 仏像と向かい合う目の高さは?
  • どんな仕上げにしますか?
仏像制作

佛所の見学にお越しください

実際の佛所の空気に触れることで、お客さま、お施主さまに、ご要望やイメージをふくらませていただきたいと考えております。

例えば・・・

  • どのような場所で仏像制作を行っているのか
  • 仏師たちが仏像に向き合う様子
  • 用いる道具や素材など
  • ギャラリー展示の仏像の数々

仏像は完成がゴールではありません。

ご依頼くださった方の手元に届いてからの「仏像とともにある時間」のために、わたしたちは最善の努力をいたします。
截金や仏画の制作、仏像修復においても、同様の姿勢で臨んでおります。

仏像制作のプロセス

ご相談から契約(図面制作)まで
ご相談・お打合せ
お気持ちに沿ったご提案のため、じっくり対話
ご提案
ご要望をうかがいながら、大よそのイメージ図とお見積りをご提示
仕上げ方法の選択・ご相談
最終的な仕上げ方をご相談の上、お選びいただきます
(木地仕上げ/截金・彩色を施す/漆箔仕上げ/複合的に使用する仕上げ等)
ご契約と本図面の制作
制作の内容が決定次第ご契約 ⇒ 本図面を制作
制作から納品まで
材の吟味と木取り
(必要に応じてノミ入れの儀式)
実制作
並行して台座・光背の制作
(制作過程を佛所にて見学していただくことができます)
完成
完成後のご相談
(開眼法要、納品方法等)

お問合わせはこちら

仏像修復

Repair
仏像修復

仏像修復
・仏像の確認
まずは写真で確認いたします。メールもしくは郵送ください。
・現状写真を見て、佛所にて検討後、修理方針を計画
お持ち込みや現地での目視による検討も可能です。ご相談ください。
・仕上げ方法の相談
◎現状仕上げ ◎新調仕上げ
・見積りの確認
修理の流れ
御性根抜きのお願い
お引き取りに伺います
修理方針に従い進めていきます

工程方法の選択

仕上げ方法の選択

◎現状維持の場合
  • 表面の汚れを取る
  • 欠損などの補修、色あわせ
  • はずれ等接着力不足のところはしっかり仕立て直す
◎新調の場合
  • 全ての汚れや過去の修理などを取り除く(洗いなど)
  • 乾燥させた後、元のように組み上げる
  • 欠損部は補修する
  • 彩色や漆箔など、元の姿に復原する

※簡単な修理記録の作成(写真等)
※胎内納入物の確認

完成後、納入
修復前
修復後(新調仕上げ)

お問合わせはこちら

截金彩

Kirikanesai
截金彩

かつて大陸より渡来した仏像とともに
日本に伝わった幻のきりかね

仏像・仏画における最終工程である「彩色」と、仕上げにおける最高技法「截金」、
この二つの伝統技法を融合させ仏さまを美しく荘厳し、
装飾美の極致ともいうべき華やかな世界「截金彩」を展開いたします。
現在では仏教美術の枠を越えて、截金そのものが工芸の一分野として確立しており、
古典文様にとらわれない新しい感覚のデザインをモチーフに、
香合や数珠箱といった工芸作品も制作いたします。

截金彩

しょうそういんきりかね

松宗院截金の大きな特徴は、截金だけではなく、彩色を取り入れ、それらを組み合わせて施しているところにあります。
松宗院截金の代表で、女性として初めての截金師・真(ま)やにより確立され、当佛所では「截金師」ではなく「きりかねさい」と称する所以であります。
現代に即した方法での箔合わせの考案、截金を多様に展開させるためのプラチナ箔の使用、古典模様を基調にアレンジした文様の考案など、さまざまな試みを重ね、古来の技法、文様を踏襲するだけでなく、截金の可能性を創造し続けております。

まつひさ

京都市出身
松宗院截金代表

宗琳の長女として生まれる。平安女学院短期大学を卒業後、商業デザインをはじめとする様々な分野のデザインを学び、その後、京都仏像彫刻研究所に入所し、截金師としての道を歩む。父・宗琳の彫像すべての截金、彩色を担当するとともに、時代に即した技法を考案し、松宗院截金として確立させた。

主な代表作:岩屋観音、四天王(京都・金閣寺)、丈六阿弥陀仏(大阪・四天王寺)、
五大明王、五智如来像(千葉・成田山新勝寺)など多数。

詳しくはこちら

截金彩
截金彩

お問合わせはこちら