TOP > 主な顔ぶれ > 松久 朋琳

松久 朋琳

  • 松久 朋琳
  • 松久 朋琳
    (1901〜1987)
    四天王寺大仏師
    身延山久遠寺大仏師
    比叡山延暦寺大仏師・法橋

【黙々と彫る】

松久朋琳は、明治三四年(1901)に京都で生まれました。10歳より仏像彫刻をはじめ、昭和六二年(1987)に他界するまで、およそ70年余りの間、仏像を彫り続けました。その間に彫った仏さまの数は、5000体とも8000体ともいわれますが、朋琳自身の口からは、「何体彫ったか覚えてないし、そういうことはどうでもよいこと」という、言葉しか聞かれませんでした。

【仏像への心】

朋琳が何よりも大切にしたことは、「仏像への心」でした。「たとえ稚拙であっても、野の石仏を目にすると、思わず掌が合わさる。それは、彫った人が祈りの心を込めて彫っておられるから。その祈りの心こそ、仏さまを彫る人間のもっとも根本とすべき心構え。」一貫して、朋琳は、その心を弟子や宗教芸術院の人々に説いていました。

【一人一仏運動】

朋琳の提唱したものに「一人一仏」の運動があります。すべての人の心の内には、仏さまがおられる。その仏さまを自らの手で彫り、形としてお迎えする。そして、お迎えすることによって、その人の心に仏の姿を宿す。そういう「一人一仏」の願いを根底において、仏像彫刻の手ほどきをしていたのです。

【朋琳の心】

朋琳の工房での日常は、食事時以外はほとんど小刀を手放すことがなく、天衣無縫の人柄同様、その刀さばきも自由闊達でした。ある弟子は、「朋琳先生の仏像は、どの部分を見てもいきている。」と賛嘆したほどです。「小手先の技術だけでは、拝める仏さんは出てきてくれません。上手、下手やない。仏さんをお迎えしたいという思い、これがいちばん大事なこと」という朋琳を慕って、工房には毎日、多くの方が訪ねて来られました。また、全国各地から舞い込む講演の依頼にも、実に気軽に足を運ばせ、晩年は多忙を極めましたが、朋琳当人はそれを「けっこうなこと、ありがたいこと」と、愉し気に受けていました。その忙しさは、朋琳にとって、宗琳とともに播いてきた仏像彫刻の種が花をつけ、実を結んだ証であると感じていたのかもしれません。