TOP > 松久宗琳佛所とは

松久宗琳佛所とは

昭和三七年(1962)、松久朋琳と宗琳により、「京都仏像彫刻研究所」として発足し、仏像彫刻、仏画、截金、それぞれの分野での後継者の育成と、集団による多様な仏像制作を目指してきました。

この工房において造立された仏像は、全国各地の寺院に納まり、礼拝されています。また、100名を越える弟子たちが、ここでの修業を基盤として、仏師、仏絵師、截金師として、それぞれの道を歩んでいます。

平成四年(1992)、宗琳の没後に「松久宗琳佛所」と改称し、現在は、松久佳遊(宗琳の次女、仏師・仏絵師)を所長として、松久真や(宗琳の長女、截金師)をはじめ十数名の弟子が修業し、朋琳・宗琳の遺志を継いでいます。

【松久宗琳佛所の理念】

松久宗琳佛所は、豊富な経験と資料のもと、熟練した仏師・彩色截金師・仏絵師たちが日夜「仏つくり」に励んでいます。互いの技術を生かしあい、仏さまや肖像の造像や修復、頂相や仏画、截金彩色を施した工芸品などの制作を手がけております。

天平の時代の仏さまがこの世に遺されているように、現代の仏さまが遠き未来の世に遺され、受け継がれていくことを念頭に置き、いま私達ができる最高の技で仏つくりをしています。

【一彫一礼の心で・・・仏像や肖像などの制作を承ります】

松久宗琳佛所は、先の「理念」を心に置き、皆様のご要望にあわせて、仏像や肖像などの制作を承ります。綿密なる打ち合わせをご納得されるまで精査し、素晴らしい仏像や肖像を制作させていただきます。まずは、当方までお気軽にご連絡ください。

仏像や肖像などの制作お問い合わせ
株式会社松久宗琳佛所
〒604-8076
京都市中京区御幸町通三条下ル海老屋町318番地
TEL : 075-255-0559
当サイトの「お問い合わせフォーム」もご利用いただけます。