TOP >  宗教芸術院

宗教芸術院

宗教芸術院は、仏さまを彫りたい、
描いてみたいと願うすべての人々のために設けられた場です。

仏像彫刻・仏画・截金の制作を通じて、自身の内の仏さまと会い、対話する「み仏」との融和を目的として、昭和四八年(1973)、松久朋琳・宗琳の両名により創設されました。
京都本部の教室をはじめ、全国各地で講習会が開かれています。

宗教芸術院の生い立ち
仏画教室

他の伝統芸術の世界の例にたがわず、仏像彫刻の技は「一子相伝」的な制度のもとに、ごく一部の限られた人々のあいだでのみ、その技法が伝えられているにすぎませんでした。そのため、一般の人々が仏像、仏画制作に親しむ機会は、ほとんど与えられませんでした。
松久朋琳、宗琳父子は、そんな閉鎖的な状態に疑問を抱き、技法と共に、その醍醐味をも広く人々に開放すべきと考えておりました。

「一人一仏」――人間ひとりひとりの、どなたの心の内にも仏さまが宿っていらっしゃる。その自身の仏性に出会う場を持っていただきたい。

技量の上手、下手を競うのではなく、仏さまを彫り、描く愉しさに触れつつ、

仏像彫刻教室
より多くの人々に、その至福の時間を知っていただければ――

そう念ずる朋琳、宗琳のもとに愛好者が集まりはじめ、やがて自然発生的に生まれたのが、宗教芸術院です。朋琳、宗琳の願いは、宗教芸術院の進展により結実したといえるでしょう。その意志は現在、院長の松久佳遊をはじめ、各地の支部長、そして会員の皆さんの一人一人に受け継がれています。

宗教芸術院の理念

総ての会員が、「仏像彫刻」「仏画」を通じて自らの仏性を発見し、「一人一仏」の運動の一環として社会の一隅を照らし、真摯な宗教芸術の活動の中で、祈りの心をもって絶えず研鑽し、学ぶことによって、「みほとけ」の世界に親しみ、一個の人間として向上されんことを願います。

宗教芸術院の様子
截金教室

宗教芸術院の各教室では、さまざまな年齢、職業の会員が集い、それぞれがご自分なりのペースで彫り、描いておられます。宗教芸術院は、仏像彫刻・仏画・截金への親愛と、その愉しさを共有する人々の「和」の場と言えるでしょう。 初心者から上級者まで丁寧に御指導いたします。


ご指導させていただく人たち

宗教芸術院の母体となった京都仏像彫刻研究所(現、松久宗琳佛所)で修業を積んだ内弟子、あるいは、宗教芸術院で学び、その技量と人格を認められた会員が、支部長、教室責任者として、皆さんにお教えしています。


仏教美術展

毎年、秋に開かれる「仏教美術展」では、全国の会員の仏像仏画、そして截金作品が京都の会場で一堂に展覧されます。発表会であると同時に、仏教美術展は、会員諸氏の親睦の時として、宗教芸術院での最も大切な行事となっています。会員は、毎年開催する「仏教美術展」への出品資格を持ちます。

宗教芸術院には本部教室と通信教室があります

本部教室 本部教室
松久仏像彫刻会館へお越しいただき、責任ある講師より親しく技量を身につけることが出来るコースです。通学コース 詳細
通信教室 通信教室
当会館へお越しいただく事が困難な方にも、「一人一仏」の世界に触れていただくため、在宅で技量を身につけることを目的としたコースです。通信教室 詳細